料理長の美味探訪

福良港・由良港

海の幸豊富な淡路島を代表する福良港と由良港。
料理長自ら漁港に出向き、競り落とされた旬の肴を目利き。瀬戸内海の新鮮な魚介類をお召し上がりいただきます。

御食国 淡路島の味覚を召し上がれ!万葉集にも詠われている淡路島は「御食国」。古来より皇室へ献上していた新鮮な魚介類は、瀬戸内海の賜。是非、御食国の宿「淡路島海上ホテル」で至福の晩餐をお楽しみください。

  • 鯛
  • 鱧
  • 淡路牛
  • 河豚
  • 玉葱
  • ホテル目利き品 オンラインショップ

鱧

京都料亭に卸されている最高級「沼島ハモ」と同じ漁域で獲れるハモを使用。

揚がる港こそ違えど、味は全く同じハモ。しかも、京都で食べるよりも断然新鮮です。ハモといえば関西では夏の味覚として欠かせない味として知られ、大阪の天神祭や京都の祇園祭りに欠かせない料理となっています。
当館料理長が調理する京都料亭でも使用される最高級ハモ料理は、まさに絶品。是非食べていただきたい料理です。
ハモの旬の時期は二つあります。「梅雨の水を飲んで育つ」と言われるようにさっぱりとした味がおいしい夏。また、産卵を終えて食欲が増し、脂の乗り味にコシが出てきて「金ハモ」「松茸ハモ」「名残ハモ」などと呼ばれる冬。是非、旬の新鮮な最高級ハモをご賞味下さい。

鱧落とし

活鱧ならでは味覚「鱧落とし」は、ふんわりと上品な味わい。アッサリした中にもコクと旨みがしっかりと凝縮されています。牡丹のように花開く骨切りした身は、落とし独特の味わいです。

  • 鱧スキ
    鱧の美味しさを知りつくした料理長だから出来る鱧料理の数々。
    そのなかでもオススメの一品が「鱧スキ」。鱧の旨みをギュッと閉じ込めて、本当の鱧の美味しさに出会えます。
    (※宿泊の2日前までに要予約)
  • 鱧握り
    分厚く切られた鱧を軽く炙り、酢飯と合わせてサッと握ります。無駄なものは一切使わず鱧だけの味を大切に、味わっていただきたいと想いつくった逸品です。淡路牛の握りと並んで非常に人気の高い一品です。
  • 鱧茶漬け
    鯛茶漬けも良いけど、せっかく淡路に来たんだから、鱧茶漬けをいかがですか?
    鱧をご飯の上にたっぷりと散りばめて、熱々のダシをかけていただく鱧茶漬けは、お酒の後でも、お食事としても美味しくいただけます。